【PS4用】Cat5e、Cat6、Cat7の違い/LANケーブルには「カテゴリー」の違いがある

ネットを速くする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【最終更新:2019/6/7】

 

こんにちは。カエル先生です。

 

この記事では「有線LANケーブル」の「カテゴリー(見分け方)」「速いケーブル・遅いケーブルの種類」について解説します。

 

LANケーブルには「速いケーブル」「遅いケーブル」があります。

 

速いケーブルか遅いケーブルか、これは「カテゴリー」で簡単に見分けることができます。

 

今の主流は「Cat5e」と「Cat6」と「Cat7」という3種類なのですが 数字が大きいほうが「速い」と覚えておきましょう。ということで、現状カテゴリー7が最強です。

 

具体的に言えば、カテゴリー7で速いLANケーブルならこれです。

 

 


 

 

PS4に対応しているので、上のUGREENのケーブルがおすすめですね。

 

カテゴリーそれぞれの違いについて簡単に説明すると、まず「Cat5e」と「Cat6」の違いは「流れるデータの量」です。

 

「Cat5e」より「Cat6」のほうが大量のデータのやり取りに向いています。「Cat5e」ではラグが発生することがあるので「Cat6」のほうを使ってください。

 

次に「Cat6」と「Cat7」の違いは、「最高通信速度」です。

 

「Cat6」より「Cat7」のほうが高速のデータのやり取りに向いています。「Cat6」より「Cat7」のほうが通信速度に余裕があるので、どちらか迷ったら「Cat7」のほうを使ってください。  

 

ちなみに、インターネットが遅くて困っている人にアドバイスしたいことは「遅さはLANケーブルのせいとは限らない」ということです。

 

いろんな原因が考えられます。考えられる「原因」を全部まとめたので、オンラインゲームが遅くて困ってる人はこちらを参照してください。

 

※カテゴリー8(Cat8)もあることにはありますが、値段が高いので今回は省略します。コスパ最強なのはカテゴリー7と覚えておけば問題ないです。

 

参考記事:PS4の回線速度を向上させる方法を13個紹介!|はじめてのWi-Fiルーター(無線LAN)セッティングガイド(今すぐできること) | 初心者のためにPS4のインターネットを速くする方法を分かりやすく解説する

 

参考記事:PS4のping値を改善する方法/ping値の下げ方を7つ紹介する【回線速度の向上】

 

スポンサーリンク

Cat5e、Cat6、Cat7の違いを解説する

 

「Cat5e」と「Cat6」の違い/帯域幅の違い

 

「カテゴリー6(CAT6)」は、「カテゴリー5e(CAT5e)」に比べ、約2.5倍広い帯域幅を持ったLANケーブルです。

 

「帯域幅が広い」ということは同じ時間で送ることができる「データの量が多い」ということと同じ意味なので、 大量のデータのやり取りに向いているのは「カテゴリー6(CAT6)」のLANケーブルということになります。

 

また、通信速度だけを考えると「カテゴリー6(CAT6)」も「カテゴリー5eCAT5e)」も、どちらも「1,000Mbps(1GB)」ですが、 イーサネットのことも考えると「カテゴリー6(CAT6)」だけが「1000BASE-TX」に対応しているので、「カテゴリー6のほうが速い」ということになります。

 

ちなみに「イーサネット」とは、ここでは簡単に「どれくらい広いネットワークで使えるか≒どれくらい大きなお家で使うか」の目安だと思ってください。

 

イーサネットには主に「1000BASE-T」と「1000BASE-TX」があるのですが、より広いネットワークを表しているのは「X」が付くほう、つまり「1000BASE-TX」のほうです。

 

「1000BASE-TX」に対応しているのは「カテゴリー6(CAT6)」のLANケーブルだけなので、やはり「カテゴリー6(CAT6)」のLANケーブルが速いということになります。 光回線は1ギガバイトの通信速度が最高なので、LANケーブル側の最高通信速度も1ギガバイトに合わせてやる必要があります。

 

1ギガバイトに対応できるのは「カテゴリー6(CAT6)のLANケーブルで作ったネットワークなので、あなたが使うべきLANケーブルのカテゴリーは「カテゴリー5e(CAT5e)」ではなく「カテゴリー6(CAT6)」ということになります。  

 


 

 

「Cat6」と「Cat7」の違い/最高通信速度の違い

 

「カテゴリー6(CAT6)」の最高通信速度は「1Gbps」です。

 

一方で「カテゴリー7(CAT7)」の最高通信速度は「10Gbps」です。   単純に考えて「カテゴリー6(CAT6)」の10倍です。

 

したがって「カテゴリー6(CAT6)」と「カテゴリー7(CAT7)」の違いは、最高通信速度ということになります。   インターネットを速くしたいなら「カテゴリー7(CAT7)」のLANLANケーブルを使いましょう。 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

  • 「Cat5e」と「Cat6」の違いは「帯域幅」である。
  • より大量のデータのやり取りに適しているのは「Cat6」である。
  • 「Cat6」と「Cat7」の違いは「最大通信速度」である。
  • より高速の通信ができるのは「Cat7」である。

  ↓↓↓PS4のインターネット速度を速くする方法(まとめ)↓↓↓

 

スポンサーリンク
ネットを速くする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カエル先生をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
初心者のためにPS4のインターネットを速くする方法を分かりやすく解説する