【PS4用】中継機おすすめランキングベスト5/Wi-Fi(無線LAN)の無線中継機の選びかた

おすすめアイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PS4用におすすめの「Wi-Fi中継機」を5つ紹介します。

ランキング形式で順番に紹介していきますね。

ズバリ! おすすめの中継機は『ティーピーリンク RE200』です。

迷ったらこれ買ってください。

 

これ、コンセントに挿すだけですぐに使えるのでかなり便利です。

値段も3,000円以下とリーズナブルでお財布に優しい。

それでいて最新規格11.acに対応済み!

家中どこでも高速通信が可能になります。

Wi-Fi(無線LAN)の死角無しです!

いま人気の中継機です。

 

スポンサーリンク

【PS4用】中継機おすすめランキング

 

1.【人気】ティーピーリンク RE200

価格:2,646円(2018/9/3)
TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 11ac/n/a/g/b 433+300Mbps 11ac対応 3年保証 RE200

ポイント

 

  • コンセントに挿すだけで使える。
  • 11.ac対応で高速アクセスが可能。
  • 2.4GHzと5GHzのデュアルバンド接続。
  • 電波が届きにくいエリアのWi-Fiを強化。
  • オンラインゲームやHD画質の動画視聴が同時にできる。
  • WPSボタンでわずか2分の簡単接続。
  • 電波の強さを3段階のランプでお知らせしてくれる。
  • LANポート付きで有線LANデバイスがWi-Fi対応可能になる。
  • 安心の3年保証月。

 

メリット

 

  • デザインがおしゃれ。
  • コンセントに挿すだけだから手間いらず。手軽。
  • ボタンを押すだけで接続できるから面倒な設定が一切無い。
  • 1階にルーターを置いて、2階に中継機を置けば電波が強くなる。
  • 今までつながりにくかったPS4がネットにつながりやすくなる。
  • 動画のストリーミング再生が途切れなくなる。

 

デメリット

 

  • ルーター側にもWPSボタンが無いと設定が大変。
  • ルーターと中継機の距離が近いと電波の切り替わり時に若干ラグが生じる。
  • コンセントの上下2口分のスペースを使ってしまう。

 

 

2.【コスパ】バッファロー WEX-733D

価格:3,329円(2018/9/3)
BUFFALO WiFi 無線LAN 中継機 WEX-733D 11ac 433+300Mbps コンセント直挿しモデル 【iPhone8/X対応】

ポイント

 

  • 11.ac規格対応だから高速通信がスムーズ。
  • 電波の死角になりやすい寝室、トイレ、浴室などのWi-Fiを強化できる。
  • 家中どこにいても快適な速度でインターネットに接続できる。
  • コンセントに挿すだけで使えるから設置がラクラク。
  • スリム設計だからコンセントの1口分で収まる。
  • 使わないときはコンセントに挿したまま電源をオフにできる。
  • デュアルバンドだからたくさんつないでも通信速度が落ちない。

 

メリット

 

  • 値段と性能のコスパが良い。
  • 電波の悪い場所を改善できる。
  • WPSボタンを押すだけで簡単にセットアップできる。
  • タブレットもスマホもDSもPS4も安定して使える。
  • 値段が安く動作も安定している。

 

デメリット

 

  • 初期設定を変更しないとSSIDが親機と同じになる。
  • 表面にややベタつきがあるため掃除が必要。
  • 出力が弱いときがある。

 

 

3.【安い】ティーピーリンク TL-WA850RE

価格:2,190円(2018/9/3)
TP-Link WIFI 無線LAN 中継機 11n/g/b 300Mbps コンセント 直挿し 3年保証 TL-WA850RE

ポイント

 

  • WPSボタンで簡単セットアップ。
  • レンジエクステンダーで電波の干渉を緩和。
  • 5段階のシグナルランプで電波の強さをお知らせ。
  • アプリを使えばスマホからコントロール可能。
  • Blu-rayプレイヤー、ゲーム機、デジタルビデオレコーダー、インターネットテレビにの無線アダプタとしても最適。

 

メリット

 

  • 安い。
  • デザインがシンプルでカッコいい。
  • 青いLEDランプで電波の状況が見やすい。
  • サポートセンターの対応が丁寧。
  • ランプを時間指定で消せるので寝るときに気にならない。
  • ping値が下がってオンラインゲームが快適になる。

 

デメリット

 

  • 有線LANポートを使うと他のコンセント口が使えなくなる。
  • IPアドレスが分かりにくい。
  • 出力が若干弱い。
  • 電源の立ち上がりに多少時間がかかる。

 

 

4.【高性能】バッファロー WEX-1166DHP

価格:5,999円(2018/9/3)
BUFFALO WiFi 無線LAN 中継機 WEX-1166DHP 11ac 866+300Mbps コンセント直挿しモデル 【iPhone8/X対応】

ポイント

 

  • 最新規格11.ac対応。
  • 家中どこでもWi-Fiがつながる。
  • デュアルバンドだから中継するときにスピードが落ちない。
  • 動画の再生もサクサクでスムーズ。
  • ギガ対応なのでテレビを有線接続すれば高速化できる。
  • 外部アンテナ付きだから強い電波を発生できる。

 

メリット

 

  • コンセントに挿すだけの簡単設置。
  • 強力な電波でWi-Fiを劇的に強化。
  • ルーターから20m離れていても安定して使える。
  • 初心者でも簡単に設定できる。

 

デメリット

 

  • 値段が高い。
  • 高性能なため細かい設定が複雑。
  • サイズが大きく存在感が出てしまう。

 

 

 

5.【小型】バッファロー WEX-1166DHPS

価格:5,016円(2018/9/3)
BUFFALO WiFi 無線LAN中継機 WEX-1166DHPS 11ac/n/a/g/b 866+300Mbps ハイパワー コンパクトモデル

ポイント

 

  • 11.ac対応のデュアルバンド。
  • ビームフォーミング対応で速度と安定性が向上。
  • WPSボタンでワンタッチ設定。
  • 電波強度をLEDで分かりやすく表示。
  • YouTubeの再生もサクサク。

 

メリット

 

  • 無線LAN環境が安定する。
  • PS4のオンラインゲームが途切れなくなる。
  • Blu-rayレコーダーを有線接続できる。
  • 小さくても無線環境が劇的に良くなる。

 

デメリット

 

  • 電波強度の表示が甘い。
  • 立ち上がり時の音が気になる。
  • 電源ボタンが分かりにくい。

 

 

スポンサーリンク

Wi-Fi(無線LAN)の無線中継機の選びかた

 

Wi-Fi中継機の「選びかた」について書きます。

だいたいこんな部分を見ながら選んでいくと良いと思います。

 

1.Wi-Fi規格は最新の「11.ac」が良い

 

Wi-Fi(無線LAN)には規格があり、通常は「11.XX」の形式で表します。

古い順に「11a」、「11b」、「11g」、「11n」、「11ac」と続きます。

最新規格が「11.ac」です。

単純に「新しい規格」のほうが「速い」と覚えてください。

新しくルーターや中継機を買うときは、せっかくなので「11.ac」と書いてある機種を選んでください。

 

2.「2.4GHz」と「5GHz」のデュアルバンド(周波数)

 

Wi-Fi(無線LAN)には、周波数の違いがあります。

具体的には「2.4GHz」と「5GHz」の周波数があります。

どちらか一方の周波数だけに対応している機種もあれば、どちらにも対応している機種もあります。

どちらの周波数にも対応しているほうが便利なのですが、Wi-Fi規格が「11.n(ひとつ古い規格)」になってしまうので、少し速度が落ちます。

一方で「11.ac」だと「5GHz」に限られますが、安定して速いです。

できるなら、最新規格「11.ac」対応で、なおかつ「11.n」にも対応している「デュアルバンド」を選びましょう。

 

3.コンセントに挿すだけの中継機がおすすめ

 

中継機は、大きく分けて「据え置きタイプ」と「コードタイプ」と「コンセント挿し込みタイプ」の3つがあります。

「コンセント挿し込みタイプ」は、その名の通りコンセントに挿すだけで使えるので、余計な配線が無く、邪魔にならないので便利です。

機種によっては電源をこまめにオン・オフできるものもあり、節電や省エネを強みにしている場合もあります。

 

4.中継機にLANポートはあったほうがいい

 

中継機にはLANポートがあるものと、無いものがあります。

Wi-Fi(無線LAN)だけで使うなら、LANポートは必要ありませんが、あったほうが便利です。

LANポートがあれば、Wi-Fiに対応していない電子機器やPS4を有線接続したいときに重宝します。

 

5.中継機のメーカーはルーター(親機)に合わせる

 

中継機とル―ターのメーカーが違っていても、基本的には問題ありません。

互換性があるからです。

ただ、相性が悪いことはよくあるので、できるだけ親機と中継機のメーカーは合わせたほうが無難です。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

おすすめの中継機は『ティーピーリンク RE200』です。

性能と価格のバランスが良く、最新規格「11.ac」にも対応しているので人気があります。

 

コスパで選ぶなら『バッファロー WEX-733D』です。

スリムなボディでコンセントを無駄に塞ぎません。

 

安さで選ぶなら『ティーピーリンク TL-WA850RE』!

2,000円台で買えるのは破格です。

 

高性能な中継機なら『バッファロー WEX-1166DHP』がおすすめ。

ギガ対応でサクサク動きます。

 

小型の中継機なら『バッファロー WEX-1166DHPS』がおすすめ。

ビームフォーミングを使えば、電波の狙い撃ちができます。

 

スポンサーリンク
おすすめアイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カエル先生をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
初心者のためにPS4のインターネットを速くする方法を分かりやすく解説する